オーディオミキシング

本ページではBD-Jにおけるオーディオミキシングのモデルについて説明する。

 

BD-Jでは次の3種類の音源を組み合わせて使用することが可能である。
  • Primary Audio: Movie PlayListで管理される主音声
  • Secondary Audio: Movie PlayListで管理される副音声
  • Interactive Audio: Sound data fileから供給される、効果音などの短時間の音信号
音源間のミキシングのモデルは下図のとおりである。

 

Interactive Audio -----------------+
                                   |
Secondary Audio -->(D2)----+       |
                           |       |
                           v       v
Primary Audio ---->(D1)-->(M1)--->(M2)--->(G)--->
                           ^       ^       ^
                           |       |       |
                        Pan/Gain Pan/Gain Gain
                         Control  Control Control

 

ここでD1、D2はデコーダを意味する。また、M1、M2はミキサーを意味し、それぞれSecondary Audio、Interactive Audioをミキシングする際のPanningおよびGainパラメータを調整可能である。さらに、GではM2の出力、すなわちすべての音源をミキシングした結果の音量調節を行うことが可能である。

 

なお、Gainパラメータは減衰方向のみ可能である。

関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください