Title Context

現在の再生中のBD-J Titleの状態をTitle Contextと呼ぶ。状態として次の4種類が定義されている。
  • not presenting:Title非選択
  • presenting:Title再生中
  • presentation pending:Title再生準備中
  • destroyed:Title Context破棄済み
以下、BD-J TitleのことはTitleと呼ぶ。

 

TitleContextクラス

Title Contextの操作や情報取得のためにクラスorg.bluray.ti.selection.TitleContextが用意されている。
放送用のAPI体系であるJavaTVを流用しているため、放送を前提とした記述をBD用に読み替える必要があり、BD-Jの中でも最も難解な部分の一つである(例: ServiceはTitleと読み替える)。

 

操作用メソッドには以下のものがある。
  • select(title): 指定したtitleの選択
  • start(title, flag): 指定したtitleの開始
  • stop(title): 指定したtitleの停止
  • destroy(): Title contextの破棄
情報取得用メソッドには以下のものがある。
  • getService(): 現在再生中のTitleに関する情報の取得
  • addListener(listener)/removeListener(listener): Title Contextに関するイベントリスナーの登録・解除
  • getServiceContentHandlers(): 現在再生中のtitleを構成するJMF Playerに関する情報の取得

 

ServiceContextEventクラス

javax.tv.service.selection.ServiceContextEventはTitle Contextに関するイベントを通知するためのクラスである。
種類に応じて、以下のサブクラスが定義されている。
  • ServiceContextEvent
    • PresentationChangedEvent:
      • NormalContextEvent: Title再生開始。presenting状態へ遷移完了
      • AlternativeContentEvent: AlternativeContent(代替Title?)再生開始。BD-Jでは使用されないものと思われる
    • PresentationTerminatedEvent: Titleの終了
    • SelectionFailedEvent: Title選択失敗。BD-Jでは使用されないものと思われる
    • ServiceContextDestroyedEvent: Service Contextの破棄

 


関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください