BUMF

Binding Unit Manifest File(BUMF)とはVFSにより仮想的にBDをアップデートする際に、BUDA中のファイルをBD上のディレクトリ構造へマッピングするための情報である。

 

BUMFはXMLで記述する。以下はその一例である。なお、orgIDとdiscIDはid.bdmvのorganization_idとdisc_idに一致させる必要がある。

 

dvb.fontindex

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<bumf:manifest xmlns:bumf="urn:BDA:bdmv;manifest"
	ID="0x00000001"
	orgID="0x7fff0001"
	discID="0x00000000000000000000000000000001" >
 
<Assets>
   <Asset VPFilename="BDMV/JAR/00000.jar">  <!-- BD上でのパス -->
      <BUDAFile name="7fff0001/1/00000.jar"></BUDAFile>  <!-- BUDA内でのパス -->
   </Asset>
   <Asset VPFilename="BDMV/AUXDATA/00000.otf">
      <BUDAFile name="7fff0001/1/mika.ttf"></BUDAFile>
   </Asset>
</Assets>
</bumf:manifest>

 


関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください