Stubファイルの入手方法

BD-Jプログラムをビルドする際には、使用するプラットフォームAPIに応じて、APIのsignatureを含んだStubファイルを用意する必要がある。本ページでは、API群ごとのStubファイルの入手方法についての情報をまとめる。
入手できたら、それらのファイルをコンパイル時のclasspathで参照すればよい。

ページコンテンツ

正攻法

  • PBP,JavaTV(含JMF):
    • 残念ながら正規に入手する方法は無さそうです(2020.05.26)。
    • OCAP公式ホームページにおいて”OCAP 1.0.2 Java Stubs”という名称で公開されている。
    • ダウンロードしたocap102.zipを展開してできるディレクトリ中のソースコードをコンパイルして、できたクラスファイルのうち、java,javaxの下にあるもののみを抜き出しJARファイルにまとめることで、Stubファイルが得られる。
  • HAVi,DAVIC,DVB:
    • DVBホームページにおいて”Stubs for Packaged Media Target”という名称で公開されている。”OCAP 1.0.2 Java Stubs”にも含まれているが、BD-JはPackage Media Targetであるためこちらが正統。
    • ダウンロードしたgem_packaged_media.rarを展開してできるディレクトリ中の、gem_packaged_media/interactive/classes.zipがProfile 2用、gem_packaged_media/enhanced.zipがProfile 1用のStubファイルである。
  • BD-J独自:

裏道

  • PC用BDプレーヤーソフトのインストールされたディレクトリ下で”*.jar”を探してみる。

※個人の責任でやってください。


関連する項目

4件のコメント

  1. 質問です。Stubファイルのリンクがどこにあるのか教えていただけませんでしょうか。
    各リンク先を拝見させていただいたのですが、リンク先が閉鎖されている等の理由からダウンロードが困難となっておりStubファイルを取得できません。
    また、プラットフォームAPIのリンクが”hhttp://bd-j.urojima.com/about-bd-j/apis/”となっており、開くことができません。(恐らく、”http://bd-j.urojima.com/about-bd-j/apis/”が妥当かと考えます。)

    お忙しい中、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

    1. 当サイトをご利用いただきありがとうございます。

      Stubファイルについて今調べたところ、javax.*とorg.bluray.*以外は、http://dvb.org/wp-content/uploads/2019/12/mug226-gem_packaged_media.zipでダウンロードできるようです。

      javax.*は、https://jcp.org/en/jsr/detail?id=927にJavaDocによるAPI仕様がありますので、おそらく比較的簡単にStubファイルの自動生成が可能ではないでしょうか?

      org.bluray.*は、http://bd-j.urojima.com/knowhow/stub%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e5%85%a5%e6%89%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/に記載のように、正式に入手していただくのがよいかと思います。

      以上です。ブランクが長いもので、ご希望の情報をピンポイントでお知らせできず誠に残念です。

      なお、リンク誤りについては見つけることができませんでした。お手数ですがもう少しその個所を具体的にお示しください。

      1. 返信ありがとうございます。
        とても参考になりました。
        私は、Javaに関しては初心者なもので、Stubファイルが何なのかについての理解も未だできていない状態です。(できれば教えていただけると幸いです。)

        リンク誤りについてですが、”BD-Jプログラムをビルドする際には、使用するプラットフォームAPIに応じて、APIのsignatureを含んだStubファイルを用意する必要がある。”のうちの”プラットフォームAPI”に対して付与されているリンクで、”https://”の部分が”hhttps://”とhが2つ連なっているというものです。
        再度ご確認いただければ幸いです。

        早急なご返信、誠にありがとうございます。
        今後も、お世話になることがあるかもしれません。
        その際は、よろしくお願いします。

        1. リンク誤り箇所のご指摘ありがとうございました。
          修正し、併せて同ページの内容も更新しておきました。

          Stubについてですが、ざっくり言うと中身のないインタフェースのみのライブラリです。
          BD-J用のライブラリは開発環境(例:eclipse)には普通存在しないため、そのままだと参照先が無いことでコンパイルエラーとなりますが、Stubを用意し、コンパイル時に参照できるようにしておくことで、コンパイルが可能となります。

          最新のBD-Jの情報については、英語ですが”Blu-Play”というサイトが最もアクティブだと思います。プログラム開発については下記ページをまず参照してみてください。
          http://www.blu-play.com/developer/getting-started
          http://www.blu-play.com/developer/tools-and-links

          以上、こちらこそよろしくお願いいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください