Movie PlayListの再生

Movie PlayListを再生するサンプルコード。

 

プログラム中の”bd://1.PLAYLIST:00000″が再生対象を示すLocatorである。”1″の部分がTitle番号、”00000″の部分がMovie PlayList fileのファイル名の”.mpls”を取り除いたものに対応するが、Title番号については指定しても無視されるようである。

 

なお、正しく動作するためにはBD-J Object filetableOfAccessiblePlayListsが次のいずれかの条件を満たす必要がある。
  • accessToAllがtrue
  • accessToAllがfalseでなおかつ再生対象のMovie PlaylistをplayListFileNamesで指定

 

 

Main.java

 

import javax.media.Manager;
import javax.media.Player;
import	javax.tv.xlet.*;
 
import org.bluray.net.BDLocator;
import org.davic.media.MediaLocator;
 
public class Main implements Xlet{
 
	public void initXlet(XletContext context){
        try {
        	BDLocator loc = new BDLocator("bd://1.PLAYLIST:00000");
		    MediaLocator ml = new MediaLocator(loc);
		    Player player = Manager.createPlayer(ml);
            player.start();
         } catch(Throwable thr) {
         }
	}
	public void startXlet(){	}
	public void pauseXlet(){	}
	public void destroyXlet(boolean unconditional){	}
}

 


関連する項目

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください